低平地研究会について

  • 『低平地(ていへいち)』とは

    「勾配が緩く、海や河川の周辺かつ水位環境の影響を受けやすい場所」と定義されます。近年では気候変動の影響により、人間活動が集中する低平地域の危機が大きくクローズアップされています。

  • 『低平地研究会』の発足

    1991年(平成3年)佐賀大学低平地防災センターが設立され、基礎研究、応用研究、産業学海(外)共同研究などを推進するとともに、 国際セミナーや公開講座なども積極的に開催されました。 一方、九州北部学術研究都市整備構想の佐賀地域整備計画(案)では、 低平地研究が地域の特色ある重要研究テーマとして取り上げられるなど、 低平地問題に対する内外の関心が高まり、低平地研究の重要性が広く認識されつつあります。 このような状況に鑑み、低平地研究、低平地に関する情報交換、並びにその支援を図り、 地域の振興に寄与することを目的として、低平地研究会(任意団体)が1993年(平成5年)11月に発足されました。

  • 『低平地研究会』の目的

    『低平地研究会』は、企業や行政、大学によって組織された研究・活動機関です。時事のみならず、将来的な問題に柔軟に対応することを目的として新たに5つの分野に再編し、部会を横断した幅広い活動が行える体制を整えました。

  •  『低平地』に関わる課題について、広く情報発信を行うとともに、産官学連携による活動、次世代をも見据えた学生との交流を行っております。

    (1)地域や会員が抱える課題を産官学連携のもと一緒に考えます。
    (2)低平地に関する学術研究を支援します。
    (3)低平地に関する講演会などを開催し、広く情報を発信します。
    (4)会員向けのセミナーなどを開催し、継続的な技術者教育を行います。
    (5)その他、研究会の目的の達成に必要な事業を行います。

  • 『低平地研究会』の活動

    東日本大震災・北部九州豪雨など、想定外の自然災害に対する対応がより複雑化・高度化しています。このような社会情勢を踏まえ、低平地研究会では平成27年度から『基盤整備』、『都市空間』、『環境』、『地域創生』、『歴史・文化』という5つの専門部会を編成し、自然災害をはじめ、広く低平地を軸とする地域課題の解決に向けた活動を行っています。また、学術研究を支援する「低平地研究」の発刊、ニューズレターの発行、会員の皆様の各研究会活動への参加などを通じ、幅広く情報発信を行っています。企業・行政、および大学の連携により、地域や会員が抱える課題を一緒に考えて行きます。

    低平地研究会 特別会員(関連リンク)
  • ■低平地研究会「組織と活動内容2020」  ■「規約」    ■2020年度役員

    (■PDFファイル・別ウィンドウで開きます)