「歴史・文化専門部会」

部会長   :久留米大学文学部  教授 吉田洋一

副部会長:佐賀大学地域学歴史文化研究センター 准教授 伊藤昭弘

◆「有明海沿岸地域の歴史・文化に関する現地調査関連資料の探求・公開」◆

・歴史文化に関する資料の調査・研究

・調査研究に関する成果発表

 

 

 

 ■歴史・文化専門部会 2020年度 ご案内

 ※今年度の活動は、決定次第ご案内いたします。

 

 ■歴史・文化専門部会 2019年度 ご案内

2020/03/30

「佐賀近代史年表 大正編 大正6年1月~大正6年12月」を刊行いたしました。

2020/02/26

※開催延期※ 新型コロナウイルス感染症の感染とその拡大を防止のため、開催を延期いたします。次回開催は決定次第お知らせいたします。

「歴史・文化専門部会」講演会「『佐賀近代史年表』の作成と意義」のお知らせ(3/3)

佐賀新聞の記事をもとに編纂した佐賀近代史年表について、その意義や注目記事をご紹介いただきます。

 ※刊行冊子は事務局在庫分を進呈いたします。(会員=送料無料、会員外=送料有)

   事務局へメールかFAXでおたずねください。

 

 ■歴史・文化専門部会 2018年度の活動

2019/01/30 「歴史・文化専門部会」講演会『佐賀藩の鷹狩りと低平地』のお知らせ(2/21)


鷹・鷲を用いた狩猟は古くから世界各地で行われ、日本でも、古代から貴族や武士たちに愛好されました。江戸時代には各地の大名が将軍へ鷹を進上し、将軍は獲物を大名たちへ下賜するなど、幕藩関係を支えるツールのひとつとして存在しました。 諸大名たちもさかんに鷹狩りを実施しましたが、その実態解明は不十分です。佐賀藩についても、鷹狩りや鷹場(鷹狩りを行う狩場)に関する研究は皆無です。本講演では、おもに佐賀藩初代藩主勝茂の鷹狩りについてご紹介します。

 

2018/08/20 「古文書に見る 鍋島直正の藩政改革(二)」を刊行いたしまし鍋島直正の藩政改革(二)表紙た。

 ※刊行冊子は事務局在庫分を進呈いたします。(会員=送料無料、会員外=送料有)

   事務局へメールかFAXでおたずねください。

   【低平地研究会事務局】
   Eメール:lora@@lora-saga.jp (@を一つ削除してください)
   FAX:0952-28-8712
    (〒840-8502 佐賀市本庄町1番地 佐賀大学理工学部内)